未分類

子供の成長を記録としてどう残す?メモリアル関連です。

お子さんの成長、すごく嬉しいですよね。生まれた瞬間からの記録どうやって残していますか?初めての子供の成長は親にとってうれしくて、日常の風景も取ってませんか?しかし、数が多くなるにつれて、どう残すか迷っていませんか?

1歳までの行事

1歳までの記念日ってたくさんありますよね。

1歳までのイベントを紹介したいと思います。

生後7日目:お七夜(おしちや) 

命名紙…子供の名前を披露する用紙ことです。手形や両親の名前、出生記録を残します。

生後1か月目:お宮参り(おみやまいり)

お宮参りをする時期は、一般的には男の子は生後31日目、女の子は32日目と言われています。 しかし、地域によっては3日程度前後するほか、生後7日目の夜に行われる 「お七夜(おしちや)」や、生後100日目の百日祝いと合わせて行う地域もあるようです。

生後100日目:お食い初め(おくいぞめ)

古くは平安時代から行われている、歴史のある伝統行事で、一生、食べることに困らないように、と赤ちゃんの健やかな成長を願います。乳歯がはえ始める、生後100日~120日に行うのが目安ですが、きっちり100日を守らなくても大丈夫です。お祝いをする時期が100日前後であることから、「百日祝い(ももかいわい)」、現代では「100日祝い(ひゃくにちいわい)」とも呼ばれます。実際に食べることはまだできませんので、食べさせる真似をします。
お食い初めでは初めて箸を使ってお魚を食べます。実際に赤ちゃんが使って食べるわけではありませんが、初めて箸を使ってお魚を食べさせる真似をすることから「箸揃え」「箸祝い」「真魚始め」(まなはじめ)と呼ばれる場合もあります。
このように地域によっても色々な呼び方で呼ばれていますが、赤ちゃんが数か月間無事に成長してきたことを家族でお祝いし、感謝するという意味合いは変わりません。
お食い初めは、一生に一度きりのお祝いです。ごちそうを用意して、家族みんなで楽しく思い出に残るお食い初めをしましょう。

生後6か月目:ハーフバースデー …

たとえば生後6か月になると、赤ちゃんは寝返りを打てるようになったり、よく笑うようになったり、人の顔がわかるようになったり、発育の早い赤ちゃんなら座ったりできるようにもなってきます。
ハーフバースデーには、そのような日々の成長を祝い、記録するという意味があります。また、ちょうど離乳食が始まる時期でもあることから、ハーフバースデーのお祝いに離乳食ケーキを作り、食べさせてあげる人も多いようです。
ママ・パパにとっても、「子育てを半年間がんばってきたことへのねぎらい」という意味で実施されることもあります。

生後1年目:初誕生(はつたんじょう)

1歳の誕生日ならではの行事に、「選び取り」もあります。
選び取りとは、赤ちゃんが将来開花させる才能を占うもの。
お金持ちを連想させる現金や財布、商人を連想させるそろばんなど、さまざまな物を置いて、赤ちゃんが手に取るものでその子の将来を占います。

・そろばん(電卓):商売上手になる、ビジネスの才能がある
・現金(財布):お金持ちになる、玉の輿に乗る
・筆(ペン):文才がある、学術に長けている、芸術家になる
・ボール(スポーツ用具):スポーツ選手になる、運動の才能がある
・ハサミ:器用になる、モノづくりが得意
・鏡:おしゃれさんになる、美人になる
・辞書:物知りになる、学者になる
・楽器(マイク):音楽の才能がある、ミュージシャンになる
・定規:几帳面になる、大きな家を持つことができる
・スマホ(タブレット):IT業界で活躍する
・カトラリー(食器):料理上手になる、食べ物に困らない

初節句:桃の節句

桃の節句

女の子の生後初めての3月3日ひな祭りは赤ちゃんの初節句になります。雛人形を準備したり、赤飯を炊いたりケーキでお祝いを。ただし2月~3月2日生まれの子は3月3日は生後1ヶ月に満たないため、その他の行事と被ったり体調面も含め翌年に初節句としても問題はありません。無理して行うより、みんなが楽しめる日程で予定を組んでください。

端午の節句

男の子の生後初めての5月5日こどもの日は赤ちゃんの初節句になります。鯉のぼりや五月人形の準備が必要です。桃の節句同様に、4月~5月4日生まれの子は翌年の5月5日を初節句としても問題ありません。

行事ごとは強制?

赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでは行事が沢山あります。絶対にすべての行事を行わなければ行けないという訳ではありません。

ママや赤ちゃんの体調が優れなかったり、都合が合わず行事を行えない時は無理してやらなくても良いでしょう。

しかし1歳までの行事は一生に一度しか無いものが多く、古くから行われ意味のある行事がほとんどです。

ママが一人ですべての準備をするのはとても負担が多くなってしまうので、パパや祖父母に協力をお願いして赤ちゃんの行事を行ってあげましょう。

赤ちゃんの成長は早くあっという間に過ぎていく1年ですがしきたりや形はどうであれ、ママやパパが後悔しないように赤ちゃんの成長を行事と共に思い出に残しておくことをおすすめします。

まとめ

本当に1歳まではあっという間に成長します。だからこそ、日々の生活を大切にして、後悔の無いように記憶と記録を取って残しましょう。

日々の成長に待ったはありません。今日という日は2度来ません。大切なお子さんの様子をしっかり、収めてくださいね。

 

ABOUT ME
あ~ちゃんの部屋
始めましてあ~ちゃんです。 まったりと更新しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。