育児

勉強をどうこなしていくかで、苦手を克服できる?

お子さんは勉強が得意ですか?今回は、勉強ができない子供の特徴について記事にしました。

勉強のできない子の特徴

嫌なことを後回しにしていませんか?

大人のあなたでも、面倒なことは明日に回していませんか?「嫌なことは先送りにする=勉強し始めるまでが長い」ということになっています。

まずは、勉強しやすい=ドリルなどから始めてみましょう。

勉強する時間が長くありませんか?

勉強する時間=集中力があるかどうかは違います。

長くしているからできているとは、全く違うため、勉強できることは、空いた時間を使って有効に勉強することです

生活習慣が不規則ではありませんか?

二度寝をしたり、朝が起きれない。休日などは、ゆっくしりしたいと思っていますが、それが間違いなのです。

規則正しい生活を行わなければ習慣がつけられないのです。

口癖が「時間がない」ではありませんか?

習い事、スポーツ活動など子供に多忙なスケジュールにしていませんか?スケジュールをこなすだけで時間がない状態になっていませんか?

そのような状態になっているなら、改善をすればできると思います。

学校のプリントが行方不明になっていませんか?

わが家でもやってしまっている行動です。親がプリントの管理をしていると、子供は整理整頓を学ぶ機会を奪ってしまっています。親がやったほうが早いと思いますが、必ず子供にさせましょう。

まずは、面倒な作業でも、学校から帰ったら、まず1番最初にプリントの整理をするようにするといいでしょう。

メモを取るという習慣ができていますか?

メモを取る=重要なことをあなたの中に入れる作業です。授業中でも、忘れそうなことだけメモを取るようにノートに書きましょう。

勉強ができないが躓くポイントは「キレイにノートをとる」ことに集中する癖が改善できると思います。メモには「忘れ防止=理解を促す」たすけです。

勉強ができる環境になったいますか?

勉強ができる子は、意志の弱さを素直に認めて負けない工夫が自らできています。得意な教科から勉強をはじめたり、様々な工夫をしています。

初めから意志の弱さは簡単に治りません。はじめは、あなたが協力してスケジュールを決めて親とで一緒に適した行動、環境づくりを整えましょう。

今日から始めてみよう

子供に目標を設定させる

まずは1週間の目標を子供に決めさせましょう。できたら、次のステップに進めるような目標づくるが大切です。

早寝早起きで30分時間をとって勉強させる

早寝早起き朝ごはんという言葉があるように、まずは、生活リズムを整えることが大事です。メリハリをつけるという点で30分ぐらい時間を取って勉強に向かうように促しましょう。

勉強には、まず基礎をマスターさせる

何事も基礎ができていないと始まりません。基礎がわかっていない状態で勉強を始めてもわからないからです。基礎をしっかり定着させてみましょう。基礎ができることで、1ステップ上がるからです。

目標を達成できたら年齢に合ったほめ方をする

褒められたら誰だって嬉しいですよね!!小学低学年まではしっかりほめてあげてください。それ以降の年齢については、できたことに関心をしめしてあげましょう。

ちゃんとできてうれしい気持ちをしっかり伝えましょう!!

まとめ

  • 勉強のできない子の特徴をまとめ
  • 今日から始めたいこと

最初から子供ができればいいと思いますが、それは無理ですよ。最初はあなたが一緒になってサポートしながら、少しづつ見守るように心がけましょう!!

あなたの関り方ですごく変わりますよ。さあ、勉強ができる環境を一緒に整えましょう!!

無料登録可能で相談も随時受け付けています

誰にも相談できない人など、一度私に相談してみてくださいね🎵

気持ちもスッキリすると思いますよ。

悩んでいるのなら、是非この機会に登録してみてくださいね🎵

☟  ☟  ☟  ☟  ☟  ☟

 

 

 

 

友だち追加

🍀こちらから個人情報は一切わかりませんので、

安心して登録してくださいね🎵🍀

ABOUT ME
あ~ちゃんの部屋
始めましてあ~ちゃんです。 まったりと更新しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。